STANLEY

INNOVATION
SINCE 1843

絶え間ないイノベーションと
厳格な業務改善・生産管理により成長を続け、
現在ではプロのニーズに答える
ワンストップ工具ブランドにまで成長しました。

スタンレーの歴史

1843年、Frederick Stanleyは、米国ニュー・ブリテンで鍛鉄製のボルト、ヒンジ、その他のハードウェアを製造するための小さな店を始めました。優れた品質、絶え間ないイノベーション、厳格な業務改善・生産管理により、フレデリック・スタンレーの会社は「スタンレー・ワークス」として広く認知されるまでに至りました。以降、ハンマーやカンナ等ハンドツールを中心にラインナップの拡充が行われ、さらなる成長を遂げました。

1921年には、いとこのHenry Stanleyが1857年に起業したStanley Rule & Level Companyと合併しさらなる成長を遂げました。その後は、特許技術を保有したラチェットスクリュードライバーの開発や、1937には現在でも幅広く普及している、Henry Phillipsが開発したプラス (Phillips) ドライバーを世界に先駆け量販開始し普及を行うなど、現代の工具の礎を築くことに貢献しました。その後もさらに製品のラインナップを拡充し、ハンドツールから、電動工具アクセサリー、工具箱や作業台など、プロフェッショナルユーザーのニーズに答えた様々な製品のラインナップを取りそろえ、2015年の電動工具の販売開始により、プロのニーズに答えることのできるワンストップ工具ブランドに成長いたしました。

1843年、Frederick Stanleyは、米国ニュー・ブリテンで鍛鉄製のボルト、ヒンジ、その他のハードウェアを製造するための小さな店を始めました。
ハンマーやカンナ等ハンドツールを中心にラインナップの拡充が行われ、さらなる成長を遂げました。
いとこのHenry Stanleyが1857年に起業したStanley Rule & Level Companyと合併しさらなる成長を遂げました。
PowerLock®テープルールはアポロ11号の月面着陸にも用いられました。
FatMax™ブランドのハイパフォーマンス工具など、ユーザーに時次元のパフォーマンス、作業性、価値観を提供できる製品開発により、ツール業界をリードし続けております。
プロのニーズに答えることのできるワンストップ工具ブランドに成長いたしました。